特別企画

#
この展示を見る
あの戦争を次代の平和のために伝えたい(戦争と平和の資料館・ピースあいち)

1.戦争当時の社会 愛知を中心に

#
この展示を見る
蘇える空襲で燃える前の大須と栄の街の姿(名古屋空襲研究会)
大須と栄町は戦前、名古屋の中心的な繁華街でしたが、空襲で焼かれ、復興計画で大きく姿を変えた。
#
この展示を見る
尋常小学校と国民学校の夏休み日誌・冬休み日誌(戦争遺跡研究会)
安城市福釜町在住の方が使用し、その後大切 に保管されていた休業中の日誌
#
この展示を見る
明治海軍基地(豊田市平和を願う戦争展実行委員会)
安城市にあった明治海軍基地は、6飛行隊、6滑走路を持つ実践機搭乗員養成の訓練飛行場でした。
#
この展示を見る
真宗大谷派と台湾(真宗大谷派名古屋教区教化センター)
台湾開教は、日清戦争に勝利した日本が植民地統治に至った歴史と歩調を合わせる形で始まりました。
#
この展示を見る
隣組と金属回収(隣組研究会)
隣組(隣保班)は1940年から全国で結成され、行政機構の末端として、動員・供出・公債の消化、配給・防空演習に参加させられた。
#
この展示を見る
再び戦没者と戦没者遺族をつくらない(平和を願い戦争に反対する愛知県戦没者遺族の会)
戦没した父・兄弟・親族の遺品、軍事郵便・軍歴経歴書や戦没者所属部隊の戦史などをもとに、戦場での過酷な状況、いのちを奪った戦争の実態調査と報告
#
この展示を見る
半田にもあった戦争(半田空襲と戦争を記録する会)
明治期に建てられた赤レンガのビール正常工場の壁には銃撃の跡がはっきり刻まれています。
#
この展示を見る
中国本土における中国人強制連行・強制労働と万人坑(平和を考え行動する会)
中国本土で強制労働させられた多数の中国人が命を落とし、数えきれないほどの「人捨て場」が中国全土似られましたつくられました。
#
この展示を見る
東海市の空襲と防空施設(東海市の戦争を記録する会)
東海市の本格的な空襲は1945年に入ってから3回ありました。単独の空襲はなく、名古屋空襲にからめた空襲でした。その時の警察の記録です。

2. 日本の侵略戦争と植民地支配

#
この展示を見る
愛知にもあった中国人強制連行(大府飛行場中国人強制連行被害者を支援する会)
日本軍の強制連行は侵略した多くの地域で見られます。そして、日本内地への中国人強制連行は、1942年の東條英機内閣での閣議決定にはじまります
#
この展示を見る
マギーフィルム(<ノーモア南京>名古屋の会)
マギー牧師が日本軍占領期間中の中華民国の南京で、撮影した16ミリフィルム
#
この展示を見る
日本は中国でなにをしたか ―侵略と加害の歴史―(日中友好協会・愛知県連合会)
日中戦争とは何であったのか、日本人は、その侵略の歴史から、何を学んだかをアジアや世界から問われています。
#
この展示を見る
『わが青春つきるとも』(治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟愛知県本部)
なぜ、諏訪に生まれたもの静かな文学少女が、厳しい弾圧に屈せず24歳で倒れるまで戦い続けたのか。

3. 戦後76年・日米安保61年の現実

#
この展示を見る
9条がありながら ―安保・自衛隊の現実―(不戦へのネットワーク)
「日本の再軍備をはかり、アメリカ軍の指揮下で日本の軍事力を活用する」という70年前のアメリカの方針が、今や実施段階にはいっている
#
この展示を見る
世界遺産の陰に米軍基地(沖縄高江への愛知県機動隊派遣違法訴訟の会)
米軍ヘリパッド建設、日本政府の工事強行、そして愛知県警機動隊派遣。訴訟で何が問われ何が証明されたのか。
#
この展示を見る
中東とアメリカ(非核同盟の運動を広げるアジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会)
中東の近現代の歴史は、、第二次世界大戦と英仏による植民地支配からの解放、独立運動の中で、米国の世界戦力への対応と大きな変化が見られます。
#
この展示を見る
沖縄戦は終わったのか?(命どぅ宝・あいち)
基地あるが故の悲劇と闘いは、いつまで続くのか
#
この展示を見る
未来に残そう、平和な美ら島・沖縄を!(命どぅ宝・あいち)
沖縄戦に始まる米軍基地建設、占領下の土地取り上げ、米軍占領下の事件・事故
#
この展示を見る
シベリア出兵とイワノフカ事件(日本ユーラシア協会愛知県連合会)
1919年3月22日、シベリア出兵時、日本兵はロシア共和国の農村イワノフカ村に放火し、約300名の村民を殺した
#
この展示を見る
戦火に苦しむイラクの子どもたち(セイブ・イラクチルドレン・名古屋)
劣化ウラン弾、ISIS。戦争によって命が奪われ、傷つけられ、自由が奪われているイラクの実情をご覧ください
#
この展示を見る
国家主権も人権も侵害する日米地位協定(あいち沖縄会議)
国家主権を侵害し、市民の生命や人権を守るためにも地位協定の抜本的な改定を真剣に考えるべきです。
#
この展示を見る
愛知のいま(愛知県平和委員会)
小牧基地の敵基地攻撃能力、陸自の市街地での訓練、すすむF35戦闘機の生産。戦争する国づくりの愛知での実態。

4. 平和の実現のために

#
この展示を見る
ぼくたちの町にも戦争があった!(瀬戸地下軍需工場跡を保存する会)
知っていますか?こんな雑木林の中にも戦争があったことを
#
この展示を見る
演劇を通して平和を訴える(愛知・県民の手による平和を願う演劇の会)
毎年8月に平和を訴える演劇や、社会問題を考える芝居を上演。今年で37年目を迎えます
#
この展示を見る
在日コリアンの事を知っていますか?(多文化ネット・クミヨ)
在日コリアンを取り巻く差別をなくすことを基本に、この世からあらゆる差別や争いがなくなり、平和で豊かな社会を創ることを目的にしています
#
この展示を見る
日米同盟、米軍のもとでの自衛隊(第9条の会なごや)
日本列島は米軍基地だらけ。増え続ける軍事費。安倍政権は戦争できる仕組みを整えてきた
#
この展示を見る
~憲法と人権~「慰安婦」問題の解決と平等社会の実現へ(愛知・日本軍「慰安婦」問題解決すすめる会)
日本軍「慰安婦」問題は人権の問題です。日本政府は、いまこそ真の解決を